2014/01/31

フィールドスケッチ会@不忍池 3月8日


まずは、やってみましょう、ということで、第1回フィールドスケッチ会を不忍池で開きたいと思います。鳥や自然の絵を野外で描いてみたいという方、ご一緒にスケッチしませんか?

● 日時:201438() 10:00-15:00
● 集合:上野不忍池の弁天堂前 10:00
14時頃にカフェ等に移動し、お互いに作品を見せ合い、コメントし合う、お披露目会を考えています。一緒にスケッチしましょうという会で、教えられる先生がいるわけではありません。

● 持ち物:
・ お昼ご飯
スケッチに必要なもの(スケッチブック、画用紙等、鉛筆、色鉛筆、チャーコール、ペン、水彩、アクリル絵の具、クレヨン、パステルなど、各自適当と思われる画材)
観察道具として双眼鏡があるとよい
防寒着(帽子、マフラー、絵を描きやすい手袋等も忘れずに)
● 雨天:中止。前日のPM6時の天気予報で降水確率が40%以上だった場合は中止とします。

2014/01/21

不忍池スケッチ会(お試し編)報告

日時:2014年1月21日10:00-15:00
場所:東京都上野不忍池
参加者:Ting,ヒヨ吉(報告)


 この冬は不忍池のカモの姿は少ないのですが、肉眼でも細部の観察ができる弁天島周辺には鳥の姿が見られるとのTingさんの情報を基に、スケッチ会を実施しました。弁天島にはカキノキが一本あり、当日も実がまだ付いていたためにムクドリとヒヨドリが代わる代わるやってくる様子を,双眼鏡も時々用いてスケッチをしました。 昼食を挟んで約4時間スケッチを続けましたが、徐々に空に寒々しい雲が広がり始めたので、カフェで描いたスケッチを互いにお披露目しました。

●Tingのスケッチ


●ヒヨ吉のスケッチ


☆お互いのお気に入りはこれ!

ヒヨ吉のコメント:カキノキに鳥が集結している雰囲気を感じられる素敵な絵だと思いました。

ヒヨドリ好きの私には、右上のヒヨドリが特にお気に入りです。左上ムクドリの尾羽のラインは“現場で引いた線”そのものだなと感じています。


Tingのコメント:あまり鳥を真っ正面から見ることはないので、これは不忍池で描いたからこそのポーズだと思いました。また、ほんの数分間、カキノキを訪れたアカハラをばっちりお尻から捕らえているのがさすがです。